ぶどう栽培に「新ん泉」を使用

長野県須坂市で、ぶどう農園を営むIさんに、新ん泉の導入経過をご報告いただきました。

【生産者から一言】


この度は当園のブドウをご購入いただき有難うございました。
私が、水機能改善装置『新ん泉』を使い始めてから、すでに約15年以上になります。
最初は、「新ん泉」を家族の健康の為に取付けたのですが、数々の効果を実感してブドウ栽培にも活用しました。
生産者として、ブドウ栽培に「新ん泉」を使用して感じた事は、
1)とにかく美味しいブドウができる ⇒ 糖度があがる
2)各房の果実が大きくなる ⇒ 1割程大きいと思います
3)農薬の使用を大幅に減らすことが出来る ⇒ 規定の2倍に薄めて使用
4)果実の持ちが良い
5)他の温室に比べて温室内の下草の成長が早い
6)温室内の臭気が抑えられる
これらの事などを実感しております。

信州須坂は日本最大の巨峰ブドウの産地ですが、私は当地で
“より安全でより美味しい果物”を
皆さんに食べていただけるよう日々工夫をしております。
今後とも当園の果物をご愛用くださいますようお願い致します。


農園、菜園など、多くの農業生産者の方にも、水機能改善装置「新ん泉」を導入いただき、
確実な成果を実感していただいております。
また、ほぼすべての導入者の方が長期間使用しており、その「新ん泉」の安全性、安定性、フリーメンテナンスに関して、高い評価をいただいております。
ぜひ、農業生産者の皆様、一度「新ん泉」の導入をぜひご検討ください。

問い合わせはこちらから

関連記事: 農業分野

Comments are closed.

Return to Top ▲Return to Top ▲