利用シーン

暮らしに活力をあたえる

「新ん泉」の実力

家庭用から、事業所、工場、公共施設、農業など様々な分野まで、新ん泉の活用範囲は多岐にわたります。ぜひ、さまざまなシーンにおいて、導入をご検討ください。

実際にも、下記のような様々な場所で、それぞれの用途において、
水機能改善装置「新ん泉」は活躍しています。

  • ビル・マンション
  • 飲食店
  • レストラン、喫茶店、パブ
     鮨店、うなぎ屋、中華料理店、ラーメン店、焼き肉店など
  • 食品加工会社
  • 豆腐店、精肉・弁当・仕出、菓子店
  • スーパーマーケット
  • 水産加工会社
  • 農業・園芸
  • 酪農・畜産
  • 漁業(漁船)
  • 美容店・理容店、エステサロン
  • スポーツ施設
  • ケアハウス
  • 医療機関
  • 学校・保育園
  • 研究機関
  • 年金・福祉施設
  • ホテル・旅館・結婚式場
  • クリーニング
  • 米店
  • 茶店
  • 花屋
  • 熱帯魚店
  • 魚商
  • ガソリンスタンド・洗車場
  • 水質改善を必要とする施設
  • その他

家庭用用途事業用用途

水は活かす時代へ

経済性の向上設計・安全のための工夫

有害なトリハロメタンや ダイオキシンも溶解・分解

この朗報が発表されたのは’98 年1 月、茨城県つくば市で開催された 「環境汚染物質に関する国際会議」の席上でした。研究の結果、「新ん泉」 内蔵のセラミックスで処理された水に有害な塩素化合物を溶解・分解 する力のあることが立証され報告されたのです。環境汚染が年々深刻化 する中、取り分け危険視されている塩素化合物のトリハロメタンやダイ オキシンに代表されます。私たちの生命を脅かす発ガン性物質であり さらには遺伝子にも悪影響をおよぼすことが判明しています。それだけに、 この研究成果は大きなニュースとして内外に伝えられました。

難溶性物質溶けやすく

環境システム セラミックス触媒開発

環境システム事業協同組合は群馬大学の天谷和夫元教授と協同で、難溶性の環境 汚染物質の溶解度を高めるセラミックスを開発した。触媒として利用すると、 塩化ベンゼン等難溶性物質も水に溶けやすくなり分解しやすくなる。トルエンや キシレン等は水に溶けにくい為に分解処理が難しい。同組合の研究グループが 開発した手法はセラミックスで処理した水を使う。セラミックスはケイ素と アルミナに十数種類の金属酸化物を混ぜて焼き固めたもの。処理水は浸透性が高く、 通常は水と混ざりにくい有機溶媒の溶解性を高めるという。

日経産業新聞(1998.2.18 付)より抜粋

 

「新ん泉」使用モデルの目安

(マンションへの導入における世帯数の目安)

形式 1時間の流量
(t)
目安世帯数 その他、主な用途
TH-400 2 1~2 一般家庭、食堂、商店、魚屋、理髪店、小企業など
TH-500 3.3 3~6 中規模食堂、4~5世帯アパート、個人病院など
TH-600 4.2 6~15 小ピル、マンション、アパート、小工場など
TH-700 8.4 15~40 ピル、マンション、老人ホーム、小中学校など
TH-800 13.2 40~80 ビル、マンション、各種学校、施設、給食セン夕、工場など
TH-900 21 80~150 大型ピル、マンション、公共施設、工場など
H-1000 33 150~250 同上
H-1200 54 250~350 同上

Comments are closed.

Return to Top ▲Return to Top ▲