特別栽培 農業の生産性向上

水機能改善装置「新ん泉」は、農業分野でもあらゆる場面において、活用されています。
生産者の方々の実感だけでなく、実際の生産量や売上高においても、数値として実証できるほど、確実な導入効果を得られています。

農業分野における導入実績の一例

  • 米(苗栽培)
  • さくらんぼ
  • ぶどう
  • 万能ねぎ
  • インゲン豆
  • 大葉
  • きのこ(しいたけ、しめじ)

ハウス栽培、水耕栽培の場においても、活用されています。

新ん泉の導入により芽が均一に生育、生産のばらつきが少なくなった

特別栽培 ハウス栽培・水耕栽培

 

生産性の向上を目指している、または特別栽培など高品質な農作物づくりを目指す農業関係者の皆様、「新ん泉」の導入をぜひ一度、ご検討ください。
問い合わせはこちらから

 
 

特別栽培農産物とは?

wikipedia より)
特別栽培農産物(とくべつさいばいのうさんぶつ。略称:特栽。English:specially cultivated agricultural products)とは、2001年に農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に従って生産された、化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を慣行レベルの5割以上削減して生産した農産物のことである。対象農産物は国産・輸入を問わず、野菜、果実、穀類、豆類、茶等であり、米については特に特別栽培米と呼ばれる。なお、減ずる対象となる化学合成農薬からは有機農産物JAS規格で認められている農薬(例:フェロモン剤等)は除かれている。
※「新ん泉」は、有機栽培農家の方にも多く導入していただいており、
高い評価をいただいております。

導入事例はこちらからご参照ください。→ 新ん泉 導入レポート「農業分野

Comments are closed.

Return to Top ▲Return to Top ▲